任意売却

任意売却とは?

任意売却は売却したい不動産がまだ住宅ローンなどの支払いが残っている場合に行われるものです。「競売」の強制的な売却だはなく、不動産を所有する方の意思で売却できるという意味においての「任意売却」です。

通常の不動産売却を行おうとしても住宅ローンが残ってしまうため、抵当権の抹消が出来ません。そんな場合任意売却の手続きを行うことで、債権者(住宅ローンの金融機関など)に抵当権抹消の手続きを行ってもらい、不動産売買を成立させるのが「任意売却」です。

任意売却

任意売却の手続き

通常の不動産売却では銀行や住宅ローンの金融機関との交渉の必要はありません。住宅ローンの残額が不動産売却額と比較して少ない場合は不動産売却時に住宅ローンの残額も全額支払うことが可能なため銀行などとの交渉は不要です。

しかし不動産売却代金で住宅ローンを完済することが出来ない場合は任意売却を選択することになりますが、任意売却の場合はローンを全額払うことが出来ないため銀行などの債権者の同意を得る必要があります。これらの交渉は複雑で忍耐の必要なことが多く、ご自身で行うことはかなり大変かと思います。

任意売却の手続き

アイコムでは事故物件、ワケアリ物件を専門に扱っておりますので任意売却においても様々なケースに臨機応変に対応することが可能です。銀行など債権者との交渉も安心してお任せください。

フリーダイヤル0120-500-797
メールでお見積り依頼はこちら
不動産買取アイコム
このページのトップへ