横浜市中区にて事故物件の買取

事故物件の買取
間取り 2LDK
築年数 築30年
買取価格 1980万円

横浜市中区の人口は約14万人。中区内には支庁・地方裁判所・神奈川県警本部など行政機関が集中していて、金融機関や企業の本社などが多くある街です。

みなとみらい線の開通により、交通の便が良くなりマンションの建設が増えて人口は増加しております。

山下公園や中華街・赤レンガ倉庫や繁華街など、観光や遊び場としても人気のスポットです。

そんな若者に人気の中区でも65歳以上の人口は22%。10年前に比べて5.4%上昇しました。

横浜市では。定期巡回・臨時対応型訪問介護・ヨコハマいきいきポイント等の仕組みで高齢者を支えている状態です。

現在横浜市では13万人以上の一人暮らしの高齢者がいるとされています。孤立化を防いで、できるだけ孤独死を無くしていく取り組みをしています。

民生委員などが訪問して安否確認などを行っています。

それでも13万人以上いる高齢者のすべてを把握するのは不可能で、孤独死は突然やってくるケースが多くあります。

今回のマンションでは、生活されていたそのままの状態で買取させて頂きました。

近い身内がおらず、相続されたご遺族も数十年前に一度会った事がある程度だそうです。

トイレで最期を迎え、孤独死状態での発見でした。

トイレ周りを特殊清掃とリフォームして販売させて頂きます。

事故物件でもリフォームしたり付加価値を付けて物件価値を上げることにより、高価買取を実現させております。

事故物件の買取
フリーダイヤル0120-500-797
メールでお見積り依頼はこちら
不動産買取アイコム
このページのトップへ