相続から争族にならないために

相続から争族にならないために

 

昨今「争族」なんて言葉も見聞きするようになりました。

相続人が1名の場合はそんな事は起こりえませんが、複数となるとその可能性は0ではありません。

預金や現金でも争いは起こりますが、やはり尾を引くのは不動産です。

いわゆる争族を見てきた私が思う事は「不動産の共有はやめた方がいい」です。

現金とは違い分割するのが難しく、共有名義にする等の方法がとられますがこれが後に厄介な問題へと発展するのです。

相続した本人達は円満でも、その内の一人が亡くなり、「相続した共有不動産をさらに配偶者と子供に相続」となるとまた話は変わってきます。もし、その不動産を売却したいと思っても相続人全員の印鑑が必要になります。

また、現物分割(土地や現金をそれぞれの相続人で分割する方法)や代償分割(他の相続人に不動産の代償を支払い、その不動産を取得する方法)ができるのであればトラブルは少なくなると思いますが、まとまったお金が必要になるので現実的ではないかもしれません。

人生で相続を経験するは一度きりではない方も少なくありません。

相続人になった場合、それぞれが思いやりを持って故人を偲びながら分割できればもっともっとトラブルは少なくなるかもしれませんね。

 

フリーダイヤル0120-500-797
メールでお見積り依頼はこちら
不動産買取アイコム
このページのトップへ